独学か?スクールか?インフラエンジニア転職は〇〇歳が判断の分かれ目

2022-02-02

トパーズ
トパーズ

インフラエンジニア転職なら、スクールと独学のどっちがいい

35歳が判断の分かれ目になるよ。

サファイア
サファイア

独学とエンジニアスクールのどちらで学ぶべきか、迷っていませんか?

私は仕事をしながら独学でCCNAを取得し、インフラエンジニア転職に成功しました。

独学を選んだ当時は、無職の無収入状態で高額なエンジニアスクールに通うことはハイリスクだと思ったからです。

しかし、現在は無料のエンジニアスクールも増えてきたので、必ずしも仕事をしながら勉強をする必要はありません。

つまり、独学かエンジニアスクールかは、自信の属性やポテンシャルで判断するべきです。

この記事では、特に「インフラエンジニア」転職を狙う方にとっての合理的な判断基準をまとめました。

独学とエンジニアスクールの特徴

まず、独学の特徴を一覧にしました。

判断基準

独学
年齢制限

独学はいつ始めても良い。

40代未経験でも努力次第でインフラエンジニアに転職可能。

費用

・書籍代やオンライン動画教材等を自腹で買う。

・ルーターなどの実機を購入すると出費はかさむ。

勉強期間・効率

・自力で試行錯誤を繰り返して学ぶので、遠回りになり得る。

・分からない時に、余計な手間や時間が生じやすい。

・インフラエンジニア転職までに半年程度は想定するべき。

現場での適応力

・本やネットによる情報収集では、想像の域を超えることはない。

・実機を操作するためには自前でルーターやサーバーを用意することになる。

転職活動のしやすさ

・自力でスキルを高めてきたという、自走力をアピールできる。

・全て自分の手探りで進めることになり、心細い面も有り。

仕事を続けながら

勉強できるか

・仕事の合間や休日に、自分のペースで勉強できる。

・仕事が忙しい時期には、なかなか勉強時間が確保できないケースもある。

メンターや友人等に

相談できるか

・勉強で分からない時は、自力で解決しなければならない。

・転職活動に行き詰まっても、なかなか相談できる相手がいない。

独学がおすすめなのは、以下のような方です。

独学がおすすめなタイプ

  • 35歳~40代以降
  • 現在の仕事を続けながら転職活動がしたい。
  • 自身の強い意思と学習能力に自信がある。
  • 一人で勉強することが苦にならない。
  • これまで自力で転職したことがある。
  • 費用を最小限に抑えたい。
  • 仕事をやめて通学する経済的な余裕が無い。
  • もともと情報系の高校大学を卒業している。
  • 以前IT関係の仕事に就いていた。
  • 根気強く物事に取り組める。

続いて、エンジニアスクールの特徴をまとめました。

判断基準

エンジニアスクール
年齢制限

最も間口が広いスクールでも、34歳までの年齢制限が存在。

費用

・条件(※)次第で無料で利用可能

※スクールから紹介された企業に入社など

勉強期間・効率

・講師から最短ルートで必要知識を学べる

1か月~3カ月程度でインフラエンジニアに転職可能。

現場での適応力

・エンジニア経験を持つ講師から、即戦力となるための様々なノウハウを教えてもらえる。

・ルーターやサーバーの実機が用意されており、実際に手を動かして学べる。

転職活動のしやすさ

・応募書類の書き方や面接指導が受けられる。

就職先を紹介してもらえるケースもある。

仕事を続けながら

勉強できるか

・日中フルタイムで講義を行うスクールなら、仕事との両立はできない。

・仕事を続けながら、完全オンラインで受講できるスクールも存在。

メンターや友人等に

相談できるか

・スクールの講師にいつでも質問できるため悩まずに済む。

・同じ目標を持つ他の受講生とモチベーションを高め合える。

エンジニアスクールがおすすめなのは、以下のような方です。

スクールがおすすめなタイプ

  • 20代~34歳まで
  • 最短最速でインフラエンジニアに転職したい。
  • 一人で勉強が継続できるか自信が無い。
  • 転職活動の経験が無くて不安。
  • 現在仕事に就いていない。
  • 通学のために、仕事をやめても支障はない。
  • PCが苦手で、IT業界の右も左も分からない。
  • 仲間や講師と一緒に転職を目指したい。
  • 無駄な手間や時間をかけたくない。
トパーズ
トパーズ

スクールは紹介された会社に入らないとダメなんだ…

自信があれば、独学で力をつけて自由に就活しよう。

サファイア
サファイア

【34歳まで】無料インフラエンジニアスクール4選

一般的に、プログラミングスクールの受講対象は「30歳前後まで」という年齢制限があります。なぜなら若い方が吸収が速くポテンシャルも大きいからです。

一方、インフラエンジニア向けスクールは「34歳まで」を受講対象としているところもあります。つまり、インフラエンジニアは多少年齢が高くてもチャレンジできるということです。

本記事では、そんなインフラエンジニア向けスクールの中でも、無料で受講できるスクールを紹介します。

その内3校は、CCNAの短期取得でネットワークエンジニアへの転職を目指すコースです。

サファイア
サファイア

CCNAの需要の高さがうかがえますね。

GEEK JOBキャンプスピード転職コース

スクール名

GEEK JOBキャンプ
スピード転職コース

インフラエンジニア

年齢制限 19歳~28歳
受講内容 Apache / MySQL / Linux の基礎
学習形式 オンライン学習
受講期間 1ヶ月~3ヶ月
料金(税込) 無料
校舎所在地 オンライン
求人紹介 無し
面接対策 有り

GEEK JOB」は、2008年設立のグルーヴ・ギア株式会社(本社:東京都千代田区)が運営するエンジニア養成スクールです。

GEEK JOBのスピード転職コースは、異業種からITエンジニア転職を目指す若年層向けの就職支援サービスです。

受講内容はプログラミング言語のJava、もしくはインフラエンジニア技術のいずれかで、コースの期間は1~3ヶ月。

GEEK JOBが高い転職成功率(97.8%)を実現してる理由は、「徹底した採用者目線」での就職支援とエンジニア学習支援を実施していること。

就職支援においては、面接のロールプレイングに加えて実践形式で現場の業務を体験できるため、就業後にも役に立つスキルが身に付きます。

【参考動画】

GEEK JOBの説明会と体験会にご参加された女性のレポートです。

受講検討から転職までのステップは以下の手順となります。

転職までのステップ

  • 無料カウンセリング
  • 受講開始(すべてオンライン)
  • 転職支援
  • 転職成功

KENスクール(就業支援付きCCNAコース)

KENスクール[ピーシーキョウシツ]
スクール名

 KENスクール

就業支援付き

CCNAコース

年齢制限 35歳未満
受講内容 CCNA
学習形式 ・通学授業
・オンライン授業
受講期間 20日
料金(税込)

238,700円

⇒紹介企業に就業すれば無料

校舎所在地 新宿、横浜、梅田
求人紹介 有り
面接対策 有り

KENスクールは開校から30年以上に渡り、全国規模でIT関連スクールを展開してきました。Webデザインやプログラミング、マイクロソフトOfficeのコースなど幅広くコースを展開しています。

インフラエンジニア向けのコースは「ネットワークコース」ですが、さらにCCNAやLPICなどの資格取得を目標とするコースに細分化されます。

その中でもおススメは、未経験者向けの「就業支援付きCCNAコース」

KENスクールから紹介された企業に入社することで、通常238,700円の受講料が免除となります。

35歳未満(=34歳)まで対象なので、30歳の年齢制限でエンジニアスクールに通うのを諦めた人にも門戸が開かれています。

【校舎所在地】

KENスクール新宿本校

KENスクール横浜校

KENスクール梅田校

受講までのステップ

  1. 資料請求(郵送またはPDFパンフレットダウンロード)
  2. 無料カウンセリング(電話もしくはZoomによるオンライン対応)
  3. 無料体験レッスン
  4. 受講申し込み
  5. 受講開始

KENスクール[ピーシーキョウシツ]

右端の下矢印クリックで開閉します。

  1. ページ最下部の「無料でカウンセリング」をクリック
  2. 《資料請求はこちらから》をクリック
  3. KENスクールPDFパンフレットページをクリック
  4. 「ネットワークコースガイド(3.8 MB)」の「資料をブラウザで見る」をクリックしPDFをダウンロード 
  5. PDFのブラウザを閉じる
  6. 「【就業支援付き CCNAコース】ネットワークエンジニアCCNA資格取得!」の「詳細はこちら」をクリック

  1. ページ最下部の「無料でカウンセリング」をクリック
  2. 《資料請求はこちらから》をクリック
  3. 資料請求のお申し込み・お問い合わせ」が表示される
  4. 必要事項を記入しページ最下部の「確認する」をクリック
  5. ページ最下部の「送信する」をクリック

  1. ページ最下部の「無料でカウンセリング」をクリック
  2. お申し込みフォーム」の画面が表示される
  3. 【お申し込み前に必ずご確認ください】無料カウンセリングのご予約についてをクリック
  4. 無料カウンセリングのご予約について」の画面で最寄りの校舎の予約時間を確認
  5. お申し込みフォーム」の画面にもどる
  6. 必要事項を記入しページ最下部の「確認する」をクリック
  7. ページ最下部の「送信する」をクリック

ネットビジョンアカデミー

スクール名

ネットビジョン

アカデミー

年齢制限 18歳~31歳
受講内容 CCNA
学習形式 ・通学授業
・オンライン授業
受講期間 2ヶ月
料金(税込) 無料
校舎所在地

新宿

※シェアハウス無料利用可

求人紹介 有り
面接対策 有り

ネットビジョンアカデミーは、「ポート株式会社」が運営するネットワークエンジニア養成スクールです。

ポート株式会社は設立から10年の新進気鋭のITベンチャーであり、2018年には東証マザーズに上場も果たしています。

上場企業という点から、コーポレートガバナンスや管理体制の面で信用性が高いです。

ネットビジョンアカデミーの最大のメリットは、以下のサービスが全て無料であることです。

  • 講座の授業料、テキスト代
  • 就職支援
  • シェアハウスの家賃2か月分

対象年齢は18歳~31歳であり、授業料も就職支援も無料なので20代~30歳までの方にはかなりのおトク。

シェアハウスサービスを手掛ける「ハナサカス」社との提携により、受講期間中の2か月間は家賃無料でシェアハウスに入居できます。

しかも、敷金礼金仲介手数料は無料で家具家電付きなので、初期費用もほとんどかかりません。

よって、現在地方にお住まいでも上京と同時にインフラエンジニア転職が可能。キャリアの選択肢がとても広がります。

【校舎所在地】

ネットビジョンアカデミー新宿研修センター

※口コミもかなり高評価です。

【参考動画】

シェアハウスのレポート(内見)動画です。

共用部の設備や個室に備え付けの家具家電が紹介されており、実際の住み心地がイメージできます。

受講までのステップ

  1. 無料説明会(スカイプによるオンライン対応)
  2. 入校面談 (スカイプによるオンライン対応)
  3. 住まいのご紹介(シェアハウス入居希望者)
  4. 住まい確定(シェアハウス入居希望者)
  5. 入校

ネットビジョンアカデミーの講座は1か月単位の開講ですが、毎月20名までが定員となります。

ウズウズカレッジCCNAコース

ウズウズカレッジ
スクール名

ウズウズカレッジ

CCNAコース

無料特待プラン

年齢制限 29歳以下
受講内容 CCNA
学習形式 ・eラーニング学習
・個別講義(Zoom)
・チャットサポート
・個別メンタリング
受講期間 1ヶ月~2か月
料金(税込)

無料

※スクールの紹介求人への応募が前提

校舎所在地 オンライン
求人紹介 有り
面接対策 有り

ウズウズカレッジCCNAコースは「株式会社UZUZ」が運営するネットワークエンジニア養成スクールです。設立から約10年の株式会社UZUZは、東京と大阪を拠点に人材紹介や教育事業を手掛けています。

このコースの他のスクールとの大きな違いは、個別指導にて学習を自分のペース進められること。全てオンラインで完結し、在職中の方も利用できます。

学習方式

  • eラーニング(Zoomによるリモート授業)
  • 学習動画の視聴
  • CCNA取得に向けた演習問題

卒業後のフォローについても、未経験可のインフラエンジニア求人が豊富であり、転職活動のサポート体制は万全です。

受講までのステップ

  1. 無料カウンセリング
  2. 選考(無料特待プラン利用可否)
  3. 入校

ウズウズカレッジ

35歳以上~40代は強い意思で独学

35歳以上での未経験からのインフラエンジニア転職は独学一択です。

実のところ、私が30代前半でインフラエンジニアに転職した時の勉強方法も独学でした。

決して楽ではありませんでしたが、独学でのCCNAを取得は転職活動でアピール材料になりました。

ITエンジニアには何よりも自走力が求められます。受け身の姿勢でいたら成長は望めません。

35歳以上の転職で年齢がハンデとなるのは自明。即ち、採用選考ではそのハンデを補うための強い熱意とポテンシャルを証明する必要があります。

例えば私は、通勤電車には毎朝始発で乗ることで座れる席を確保。出勤までの1時間程度をノートPCや問題集での勉強に充てていました。

平日の帰宅後~就寝まではもちろんのこと、土日でも最低10時間はCCNAや基本情報技術者試験の学習に取り組みました。

そのような積み重ねが、エンジニア転職3年後に年収300万円から年収600万に倍増するための原動力となりました。

具体的な独学のノウハウについては、改めてご紹介させていただきます。

まとめ

この記事では、IT未経験インフラエンジニア転職を目指す方向けの、最適な勉強方法を年代別に比較しました。

34歳までの方は、無料で通えるインフラエンジニアスクールを利用する権利があります。その権利を積極的に使うことで、エンジニア転職のハードルを極力下げることが可能です。

35歳以降の方は、背水の陣で独学に取り組んで下さい。苦しい時は、次の中国のことわざを思い出しましょう。

木を植える最も良い時期は、20年前である。次にいい時期は今である。

併せて読みたい記事

本記事では働きながらのエンジニア転職支援をご紹介しましたが、失業者向けのエンジニア転職支援はこちらの記事をご覧ください。

インフラエンジニア転職に役立つIT資格は、こちらの記事をご覧ください。